2010年02月28日

YO LA TENGO「I CAN HEAR THE HEART AS ONE」

YO LA TENGO「I CAN HEAR THE HEART AS ONE」

YO LA TENGO「I CAN HEAR THE HEART AS ONE」(1997)

このアルバムの曲だと思うのだけど、違うかもしれないけど、PVがあって最高なのだ。
なんかロックを教えるような学校に彼らが行かされて、いかにもロック・バンドのようなことをやらされるのだけど、彼らには当然そういうのは合わないのね。
よく憶えていないけど。

実はあまり聴いていません。ごめんなさい。
最初に聴いたのは「FAKEBOOK」だった。あれっていいアルバムだと思うけど、少し特殊だよね。
なのでかどうか、そこで止まってしまったのだ。
それ以来重い腰はなかなか上がらず、あまり聴かないできてしまった。

重い腰が上がったのがこのアルバム。非常にいい。好きである。
アメリカのバンドって外から見てオルタナとかなんとかレッテルを貼ってみても、本人たちはもっと普通にロックをやっているだけだったりする。ロック・バンドだからどうのこうのという戦略を立てるのはイギリス人や日本人だ。
このアルバムも難しい戦略はない。
ガレージであり、サイケであり、パンクであり、ニューウェイヴであり、カントリーであり、ブルースである。
そういう言葉ですら外部がつけるものだけど。

自分たちの音楽を普通にやる。それだけのことに彼らは自覚的である。
だからあんなPVが作れるのだろう。
そこら辺りがアメリカのバンドのおおらかさであり、素敵なところだ。

その他無人島に持って行きたい作品
YO LA TENGO「FAKEBOOK」(1990)
posted by はせお at 22:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 無人島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

DEXYS MIDNIGHT RUNNERS「TOO RYE AYE」

DEXYS MIDNIGHT RUNNERS「TOO RYE AYE」

DEXYS MIDNIGHT RUNNERS「TOO RYE AYE」(1983)

このバンドのファーストは本当にカッコよくって大好きだ。アイリッシュの匂いとパンクの熱とクールなカッコよさがいっぱいに詰まっている。
しかし、やっぱり最初にこのバンドを知ったのは「カモン・アイリーン」だった。
とにかくヒットしていた。高校2年の頃だろうか。日本でもヒットしていたけど、イギリスではもっと凄かったらしい。

いわゆるケルティック・ソウルのテイストを全面に出して、かつ相当にポップに仕上がっている。ファーストとはかなり違う感触だけど、これはこれでカッコいい。
そして「カモン・アイリーン」は当然名曲である。いかにもななまりで歌われるクセのあるボーカルのメロディ、アップテンポだけど哀愁の漂うポップな曲。
やっぱりいい曲である。

その他無人島に持って行きたい作品
DEXYS MIDNIGHT RUNNERS「SEARCHING FOR THE YOUNG SOUL REBELS」(1980)
posted by はせお at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 無人島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

LIP CREAM「LIP CREAM」

LIP CREAM「LIP CREAM」

LIP CREAM「LIP CREAM」(1989)

80年代後半の日本のハードコアの動向を思い出すにつけて、リップクリームの進化・深化はやっぱり特筆に価するのと思う

1985年の彼らのファースト・アルバムが本当に好きだった。完全にハードコア・マナーで作られているのだけど、まだ何と言うかいい意味で隙があって、ラフな音が本当にカッコよかった。

しかし、その後彼らはひたすらに壮絶な音の極みに向かっていく。
完全に隙のないハードコアな音、それはその頃のスラッシュ系の音にも確かに影響されていたのだと思うけど、いやむしろその先駆者だったのかもしれないけれど、とてもそれだけで語れる音ではなかった。
あの性急で切迫感で溢れた音はスタイルだけでこの道を極めようとする浅はかな者たちを一蹴する。
特にPILのドラムが凄過ぎるんだよ。その後のPILの活動振りを知ってしまうと、リップクリームを先鋭化させて、しかもそこに納まらないスケールの大きさで鳴っている音に驚愕してしまう。

音的にも精神的にも行くとこまで行ったラスト・アルバムがこれ。
本当の意味でエクストリームである。壮絶の一言。

その他無人島に持って行きたい作品
LIP CREAM「KILL UGLY POP」(1985)
LIP CREAM「9 SHOCKS TERROR」(1987)
LIP CREAM「CLOSE TO THE EDGE 危機」(1988)
posted by はせお at 23:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 無人島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。