2010年07月20日

LAST RESORT「A WAY OF LIFE :SKINHEAD ANTHEM」

LAST RESORT「A WAY OF LIFE :SKINHEAD ANTHEM」

LAST RESORT「A WAY OF LIFE :SKINHEAD ANTHEM」(1982)

ジャケットを見てもタイトルを見ても完全にOiである。
そして音の方も然りである。

と言いたいところだが、なかなか一筋縄ではいかないところもある。
Oiと言えば、イメージされる音、2ないし3コードの単純な曲についついシンガロングしてしまうフレーズ、無意識に拳を振り上げて「Oi、Oi!」と絶叫してしまうノリ、そういうものがストレートには出てこない。
もちろんそういう要素も多分にあるけど、もっと重たくて濃いパンク・ロックである。

それはそれでカッコいいんだけどな。
Oi好き以外にも聴いて欲しいバンドである。
posted by はせお at 00:19| Comment(3) | TrackBack(0) | 無人島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

吉野大作&プロスティテュート「死ぬまで踊りつづけて」

吉野大作&プロスティテュート「死ぬまで踊りつづけて」

吉野大作&プロスティテュート「死ぬまで踊りつづけて」(1981)

吉野大作はなんとなく80年代の日本のニューウェーヴの脈絡の中にいるような扱われ方をしていたと思う。しかし元はもう少し違うところの出自のようであるけど、正直な話、詳しくは知らない。
最初に知ったのは「REBEL STREET」に収録された「ここ、そして、ここじゃない場所」を聴いた時だ。
本当にこの曲はカッコいい。一聴してぶっ飛んだ。
出自はどうあれ、この曲のカッコよさはパンクやニューウェーヴの風に当てられたものだ。この時期にこの性急さはそれでしかあり得ない。

とはいうものの、やっぱりお郷の違いがあって、どっぷりと馴染むのが難しい相手ではある。
一番フィット感があるのはこのアルバムだろう。
タイトルもカッコいいが、音の方もカッコいい。
ジャンル分けとかする前に素直に聴いてみるのがいい。
posted by はせお at 22:54| Comment(1) | TrackBack(1) | 無人島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。