2008年11月17日

EAT「SELL ME A GOD」

EAT「SELL ME A GOD」

EAT「SELL ME A GOD」(1989)

ほとんどどんなバンドか憶えてないのだけど、このアルバムを新宿のVINYLで買ったことは憶えている。
イギリスの動きなんてよくわかってないのに、どんどんイギリスのバンドを買っていた。マンチェスター、シューゲイザー、そんなものがはっきりとした形として見えてくるのはもう少し後だ。
形が見えてきた時、このバンドがどこにも属してないことがわかるのだけど。

粘りのあるボーカルのすこしねっちこいところが魅力。音は少しロカビリーみたいな要素も入った正統派のロック。
意外といい味を出しているんだ。快楽重視で本能剥き出しな匂いがする感じかな。
スラッピングする「Electric City」という曲がえらくカッコいい。
ラヴィン・スプーンフルの「Summer In The City」もカッコいい。

これがファーストだと思うけど、この後は消息不明になってしまった。
どうなっちゃんたんだろう。
posted by はせお at 00:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 無人島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109772537

この記事へのトラックバック

『セル・ミー・ア・ゴッド』 イート
Excerpt:   "Eat / Sell Me a God" [Eat / Sell Me a God] 1989年にリリースされた、ロンドンのクラブ・シーンから登場した社会派5人組「イート」のデビューアルバム、..
Weblog: じゅうのblog
Tracked: 2015-04-23 23:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。