2010年04月05日

HANG ON THE BOX「DI DI DI」

HANG ON THE BOX「DI DI DI」

HANG ON THE BOX「DI DI DI」(2003)

最初はほんの興味本位だったと思う。だって中国の女性パンク・バンドだよ。そりゃ聴いてみたくなるでしょ、普通。
それで聴いてみたのがファースト・アルバム。まあ、可愛らしいね、ぐらいの感想だった。

しかし、女子というのは覚醒する時は急速に覚醒するのだ。
それは赤痢の時に思い知った。それと同じような経験を15年振りにすることになるのだ。

彼女たちのライブを初めて見たのは2001年の9月だった。
ロリータ18号でのライブでのこと。あの日は韓国のノン・ストップ・ボディも出ていて、アジアの女性パンク・バンドの素敵な競演の日だった。

初めて見たハング・オン・ザ・ボックスはCDで聴くのよりずっと音がしっかりしていて凄くよかった。
というか、マジでカッコいいと思ってしまった。
特にボーカルはなんというか北京だとか女性だとかそういうエクスキューズを超えた存在感があってカッコよかった。
これは本気で化けるかも知れないと思った。

そして、完全に化けたのがこのセカンド・アルバム。素晴らしく素敵だ。
パンクと言えばパンクだが音楽的にはもっと色々な要素を吸い込んで呼吸している。その自由な有り様は初期のニューウェイヴ、もっとはっきり言っちゃうと80年代の日本の女性バンドに極めて近い。つまり、ZELDAやD−DAYやRAPやキャーである。
とっても自由で瑞々しくて、本来パンクというものはこういうことじゃないか、とすら思ってしまう。

この後、もう一回来日して、アメリカにツアーなんかも言っていたみたいだけど、その後は音信不通。
かなり残念だけど、このアルバムが手元に残っているのが本当に嬉しい。
posted by はせお at 00:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 無人島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

むちむちエ口ボディのお姉たまキタ━━━!!
ベロチューして中 出 ししたら、簡単にイっちゃったよ(笑)
こんな子抱いて7万もらえるとかマジ生きててよかったぜぇぇぇ!!!
http://murapon.net/oimo/ioxizq6/
Posted by きょぬーでロリ顔、しかも痴 女ってw at 2010年04月10日 09:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145635951

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。