2010年05月09日

PAGANS「SHIT STREET」

PAGANS「SHIT STREET」

PAGANS「SHIT STREET」(2001)

1977年にクリーブランドで結成されて、1979年には(一旦は)解散。時期的にはモロにパンクだが、音の方は素直にパンクでございますで片付けてしまうわけにはいかない。
クリプトから音源がリリースされていることからも察せられるように、完璧なガレージである。
そう、完璧なガレージ・バンドだ。

90年代になってからのガレージの再燃を完璧に先取りしている。
90年代のガレージは元来のガレージをテイストを持ちつつよりハードにより加速して展開していた。代表格がNEW BOMB TURKSだけど、このPAGANSはその10年以上前に同じことをやってしまっている。
60年代のガレージ・サイケのささくれ具合をそのままに、パンクの爆発力とスピード感を携えて、濃い目のガソリンをぶちまけて火をつけた感じ。
とにかく燃えるのだ。

当時は4枚のシングルしか残していないバンドだったけど、21世紀になって2枚の音源が出された。
「THE PINK ALBUM...PLUS」と「SHIT STREET」。どちらも素晴らしい。
確かに数少ない音源や未発表モノやライブを寄せ集めたものではあるけど、それ以上の価値はある。

その他無人島に持って行きたい作品
PAGANS「THE PINK ALBUM...PLUS」(2001)
posted by はせお at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 無人島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。